Lisa's Inner Beauty Aroma Yoga

lisamakino.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

第1回写真「1_WALL」展 (旧ひとつぼ展)

2009.8.24-9.17まで、リクルートGINZA7ビルにある
ガーディアンガーデンで第1回写真1_WALL展が開催されていました。

500人の程の応募者の中から、
予備審査と一次審査を通過した6名の作品が1_WALL展で展示され、
公開二次審査で、なんと友人が見事グランプリを獲得!

この春、武蔵野芸術大学油絵学科を卒業した、
キュートな中山姉妹さんです。

入院中のおじいちゃん、大切な想い出をアートにした作品は、
斬新な発想の中に、おじいちゃんへの愛があふれる素敵な作品でした。

失われていくおじいちゃんの記憶は、
彼女の温かい作品の中で永遠となりました。
e0130657_0495681.jpg

「化石」
病室のベットの上で管につながれている寝ているおじいちゃん
かれの想いの化石が消えてなくなってしまう前に、
できるだけはやくきれいな形でとっておきたい。
SHIMAI NAKAYAMA

おばあちゃんがすき。
(この作品のかべに書かれていたことば)

来春、グランプリの中山姉妹さんの個展が開かれるそうです。
今後の活躍が楽しみです。

「1_WALL」展 について。
http://rcc.recruit.co.jp/gg/1wall/archive.html
[PR]
by lisa-blog | 2009-09-30 23:59 | プライベート

自由が丘の着付け教室

先生のご指導のもと、初めて自分でお着物を着て、
お太鼓を結びました。
浴衣くらいなら自分で適当にちゃちゃっと着ていましたが、
お着物となると、細かい技が一杯で、何が何だか??
自分で着るなんて、夢のまた夢だと思っていました。

でも、案外簡単に着れちゃったんです!
優しい先生の丁寧なご指導あってのことですが、
絶対無理だと思っていた事が出来て、達成感とともに
着物を着ると、凛とした気持ちになりました。

着付け教室は自由が丘の”まるやま”さんで行なわれています。
e0130657_249138.jpg

3ヶ月間の着付け教室が、なんと無料!
初級コース、上級コースとあり、とても人気よう。
まるやまさんのHPはこちらです。
http://www.kimonoyasan.co.jp/
e0130657_2493536.jpg

[PR]
by lisa-blog | 2009-09-29 23:59 | プライベート

産後ヨガ 産後コーディネーションクラス

グロウで初めての産後ヨガクラスを担当させていただきました。
ママと赤ちゃんが一緒に受けられる産後ヨガも、
キャンセル待ちをいただくほど人気があります。
クラスではベビーたちが泣いたり笑ったり賑やかで、
ほのかなミルクの甘い匂いで、何とも言えない優しい空間でした。

ママとベビーの産後ヨガへの参加は、
普通分娩の方は、お医者様の許可が出れば6週間後あたりから、
優しいヨガの再開が可能です。
帝王切開での出産の方は、傷が癒えるまでの間(2ヶ月くらい)は
ヨガは控えます。お医者様の許可が出たら、
やさしいヨガからスタートしましょう。

産後の回復には、骨盤底のエクササイズが有効です。
骨盤底を引き上げ、骨盤を締め、コア(インナーマッスル)を意識しながら、
ヨガのポーズで産後コーディネーションしていきます。

今日はおうちでもできる、簡単な産後コーディネーションポーズを紹介します。
赤ちゃんとコミュニケーションをとりながら、楽しく行なってみて下さいね☆

<赤ちゃんと向き合ってできるトラのポーズ > 
腹筋背筋を意識しながら、コアを鍛えるポーズです。

1、赤ちゃんを仰向けで寝かせて、その上にママが四つん這いになります。
2、息を吸いながら右膝を伸ばし、おしりの高さまで脚を持ち上げます。
3、息を吐きながら右膝を曲げ、おでこと膝を近づけます。
4、2〜3を数回繰りたら、2の状態で少しキープします。
5、余裕があったら、左の手を肩まで持ち上げ指先を前に伸ばします。
(右脚は後ろ、左手は前へ伸ばして呼吸します。終えたら反対脚も。)

<赤ちゃんをお腹にのせて行なうブリッジのポーズ>
腰痛があるかたは、赤ちゃんを乗せずに行ないます。
内股、内転筋を使い、骨盤を引き締め、コアを意識します。

1、仰向けになり、膝を立てておきます。
2、お腹の上に赤ちゃんをのせて、膝の間にクッションなどをはさみます。
3、息を吸いながらお尻を床から持ち上げ、吐きながら床に降ろします。
4、3を数回繰り返し、お尻を持ち上げたところでキープします。
5、膝のあいだに挟んだ、クッションや、ヨガブロック(タウンページ)など
落ちないように、股を引き締めながら呼吸します。

<ママのための骨盤底の引き締め  スローダウンポーズ>
チャイルドポーズでお尻をかかとから少し持ち上げ、
前に伸ばした腕のヒジとヒジをかかえ、
その腕の上におでこをのせます。(楽なポジションで)

この姿勢で、吸う息は骨盤底を引き上げ、吐く息で緩めます。
これを繰り返します。
このポーズの時だけでなく、日常生活の中でいつでもどこでも出来きます。
産後の回復にとても有効ですので、ぜひ行なってみて下さいね☆
e0130657_1837443.jpg

[PR]
by lisa-blog | 2009-09-25 18:24 | ヨガ

アロマとハーブの安眠レシピ

涼しくなってきて、過ごしやすくなりましたね。
暑くて寝苦しい夜は少なくなりましたが、
いつも眠りが浅くて、何度も目が覚めてしまったり、
しっかり寝ているつもりなのに、疲れが取れていなかったり、
疲れているのに熟睡できない時もありますよね。

そんな時は、夜の時間を穏やかに過ごす事を心がけ、
寝る前の環境をリラックス出来るように整えたりしながら、
質のよい睡眠をとるための工夫したいものです。

温めのお風呂に、お気に入りのアロマを3〜4滴入れて、
香りを楽しみながらゆっくり浸かったり、
手足をアロマオイルマッサージして全身の血行を良くしたり、
お部屋の照明を間接照明にしてみたり、
温かいハーブティーを飲みながら落ち着いた音楽を聴いたり、
アロマを焚きながら読書をしたり、、、。

一日の疲れをほぐし、気持ちを落ち着かせてあげましょう。

<おすすめアロマブレンド>
*クラリセージ、ラベンダー、ローマンカモミール
*サンダルウッド、フランキンセンス、パチュリー、
*ベルガモット、マジョラム、ラベンダー、
*ゼラニウム、ベルガモット、ラベンダー(ローズ)
*サンダルウッド、イランイラン、ローズウッド(ローズ)
*イランイラン、スイートオレンジ、ネロリ(ジャスミン)

香りのブレンドはお好みです。紹介したアロマは全てリラックス系。
参考にしながら、自由に組み合わせてお好みのブレンドを探してみて下さい☆


<おすすめハーブティー>
*ジャーマンカモミール(ハーブ)のホットミルクティー
*エルダーフラワー(ハーブ)とジャーマンカモミール(ハーブ)ティー
*リンデン(ハーブ)とレモンバームのハーブティー
e0130657_11524418.jpg

[PR]
by lisa-blog | 2009-09-24 11:53 | アロマ

おばあちゃん


e0130657_21292182.jpg

元気で長生きしてね。
[PR]
by lisa-blog | 2009-09-23 15:12 | プライベート

初めてのお着物

今年の夏、久しぶりに浴衣を新調しました。
やっぱり着物は日本の文化だなぁと、グッと魅せられてしまい、
浴衣の次は、お正月に着物を着よう!が目標になりました☆

とは言っても、何十万もするお着物は、そう気軽に買えるものではありません。
着付けもちゃんと習いたいし、ハードル高いなぁと、思いが遠のいていたら、
浴衣を買った呉服屋さんから、創業39周年感謝祭のお知らせが届きました。
そして、3ヶ月の無料着付け教室の案内も。

老舗呉服店、今回は特別価格のサンキュー価格での提供なんだとか。
そんなわけで、気負わず行って、見てみることにしました。

接客を担当してくれている女性は、とても可愛らしい方で、
いつも笑顔で楽しく会話も弾みながら、色々教えてくれます。
きっと私に似合うと言って、素敵な訪問着を出してくれました。
いいものを長く大事に着たいという思いもあるけれど、
着る機会が少ない訪問着を思いきって買うのはどうなの?

お着物全くの初心者の私。
大きな買い物なだけに、悩んで、母に相談したら、
最初は着付けの練習もするし、汚れてもいいような気楽なものがいいのでは?
と、あっさり。確かにその通り。

そんなわけで、
3度目の来店でようやく落ち着いた初めてのお着物。
おうちでお洗濯ができます。
ビックリ価格です!!
(夏の浴衣より安かった!)
お着物の第一歩は、気負わなければ、
お洋服感覚で着れるものもあるんだぁと、発見。
まずは、これで3ヶ月、しっかり着付け教室で勉強して、
少しずつ和心を学んでいきたいと思います。
楽しみ〜♪

自由が丘まるやま(ヨガスタジオググロウ向かい)
[PR]
by lisa-blog | 2009-09-19 23:58 | プライベート

アーユルヴェーデックヨガ<カパの時間>

銀座アロマヨガでは火曜日夜18:30〜。
北青山スンダリヨガでは木曜日19:00〜。
ヨガスタジオグロウ自由が丘では土曜日18:00〜。

3つのスタジオで行なっているアーユルヴェーデックヨガは、
夜のカパの時間に当たります。

カパの時間は夜は18:00〜22:00。
この時間は、吸収、活動減速、就寝準備、
内面に向かう、などのカパの要素が優位となります。

安定感や、落ち着きのカパの良さを引き出しながら、
就寝に向けて心を落ち着かせ、リラックスを導引いて
より良い就寝への準備をするのに適しています。

<カパの時間帯の過ごし方18:00〜22:00>
できれば刺激的な事や、運動量が多かったり、早い動きはなるべく控え、
リラックスの副交感神経を高めるものを選んで、ゆったりと過ごします。

一日の疲れや、心身に溜まった毒素を吐き出すように、
プラーナヤーマ(呼吸法)を行なってみましょう。
呼吸法は腹式や完全式呼吸がおすすめです。
その後、食事の前に簡単なヨガを。
夜のヨガクラスは、ちょうどこのタイミングになります。

帰宅後、入浴して心身を浄化しながら癒していきます。
入浴は夕食の前か、食後3時間程あけて就寝前が良いでしょう。
夕食は、なるべく早めに少なめに摂るのが理想です。
就寝前にヨガを行なうなら、前屈を中心とした
リラックスを高めるポーズを行うのがオススメ。

夜10時までのカパの落ち着きがただよう時間帯に床に着くのが理想的ですが、
忙しい現代人にはなかなか難しいことですね。
自分の無理のないペースの中で、
夜はできるだけ興奮するようなTVは避け、間接照明にして、
静かに読書や音楽を楽しんだり、
リラックス出来る空間をアロマなどで演出しながら、
心静かに就寝までの時間を過ごしたいものです。

アロマは、ラベンダー、オレンジ、ベルガモット、ゼラニウム、
クラリセージ、カモミール、マジョラム、イランイラン、ローズ、ネロリ、
ジャスミン、サンダルウッド、ローズウッド、パチュリなどがオススメ。

就寝前には、その日一日の出来事から心を休めるメディテーションを。
否定的な考えは捨て、純粋な静寂に触れてみることで
一日のリセットとともに、明日へのエネルギーを高めていきます。
e0130657_1233829.jpg

[PR]
by lisa-blog | 2009-09-18 03:20 | アーユルヴェーダ

猫のミャアコ

最近、涼しくなって過ごしやすくなったからか、
近所のミャアコは、家の前の私道でゆうゆうお腹を出して寝ている。
e0130657_115797.jpg

朝も、昼も、夜も、夜中も(!)ミャアコ遭遇率ほぼ100%。
(ミャアコはご近所さんの飼い猫ちゃんです。)

相変わらず、通りがかる近所の人を見つけては、
歩み寄ってきて”遊んで”光線を振りまいてます。

家の近所の住民には、絶対ミャアコファンが多いと思う。
私も、毎日の行き帰り、買い物、ゴミ捨て、
ミャアコとの挨拶が楽しみで、
今日の昼間は、昼寝をしていたミャアコ、私の方に顔を向けた程度。
e0130657_114504.jpg

夜ゴミ捨てをしに外に出たら、ずーっと足下について来てすりよってくるから、
何度も踏みそうになってしまった。。。

4回立ち止まってたっぷり遊んであげたのに、
マンションの入り口までついて来て泣くので、
お休みのお別れが辛くなってしまうほどでした。
[PR]
by lisa-blog | 2009-09-17 23:59 | プライベート

2009年 中秋の名月

お月様について素敵なメールをいただいたので紹介します。

古くから日本には旧暦の8月15日に、
秋の澄んだ空に昇る満月を鑑賞する風習があり、
このときの月を「中秋の名月」と呼ぶようになったそう。

2009年、今年の中秋の名月は10月3日、十五夜。芋名月。
10月30日は、十三夜。栗名月。
このうち1つのみ観ると、片見月。2つ拝むと、幸福になれるそうです☆

さらに、11月26日の、十日夜。第三の月も崇めてみたいですね。
お月様を3つ拝んだら、もっといいことがありそう♪

9月21日は、敬老の日で三日月です。
私は、満月と新月を意識していましたが、
三日月の美しさも見逃せないですね。
この時期はとっても月がキレイです。
ぜひ追い掛けてみてください。
[PR]
by lisa-blog | 2009-09-13 01:18 | プライベート

アーユルヴェーデックヨガ ピッタの季節

アーユルヴェーダでは、ヴァータ、ピッタ、カパ、3つの体質があります。
そして、さらに7種類の複合体質があります。
ヴァータ・ピッタ/ピッタ・ヴァータ/ヴァータ・カパ、/カパ・ヴァータ、
ピッタ・カパ/カパ・ヴピッタ/ヴァータ・ピッタ・カパ
合わせて10種類に分ける事ができます。

私は基本がヴァータ体質で、季節などによってヴァータ・ピッタだったり、
ヴァータ・カパだったり変化します。
今の季節はピッタの季節なので、ピッタが増えているなぁと感じるので、
ピッタを減らす食事を心がけたり、ライフスタイルのなかで、
クールダウンを意識しています。

例えば、ピッタをバランスさせるために、冷たい飲食物を摂ったり、
刺激物や、辛み、酸味、塩見の強い物はなるべく控え、
甘み、苦味、渋味が主体の食べ物を意識的に摂ったり、
温めのお風呂にゆっくり入ったり、青や緑色を取り入れるように意識したり、
月見をしたり、森林浴をしたり、波の音を聞いたり。。。

アロマは、冷性のブルーカモミール(ジャーマンカモミール)、レモングラス、
中性のラベンダーやクラリセージ、ローマンカモミール、
また、ローズやサンダルウッド、ローズウッド、ジャスミン、
ペパーミントなどがオススメ。

ピッタを減らす食品にはこんなものがあります。
麦、そば粉、米、ココナッツ、甘い果物、豆類全般、芋類、
刺激や酸味のない野菜、バター、ミルク、チーズなどの乳製品
(ヨーグルトは酸味が強いので控えめに)

気をつけて摂るか、控えめにしたいのは、
柑橘系のフルーツやジュース、ガーリックや唐辛子、マスタードなどスパイス。
酸味の強いものや、多量のアルコール。

だいぶ涼しくはなってきましたが、夏の疲れが出やすい時期。
ピッタのアンバランスで起こると考えられる消化器系の不調には、
ペパーミンや、フェンネル、レモングラスなどスッキリ系のブレンドティーや
カモミールミルクティーなどのリラックスハーブティーもオススメ。

上には紹介しませんでしたが、消化器系の不具合では、
柑橘系や、清涼感のあるアロマとのブレンドで、例えば
ジュニパー、ローズマリー、グレープフルーツのブレンドで
アロマオイルを焚いてお部屋を爽やかにすると、
気分がスッキリしますよ(^_-)
e0130657_16564963.jpg

[PR]
by lisa-blog | 2009-09-10 16:41 | アーユルヴェーダ