Lisa's Inner Beauty Aroma Yoga

lisamakino.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

風邪が流行っています(@o@)!!

今朝起きた時、体が重〜くて、何だがダルいなぁと感じました。
ヨガをすると体が固くなっているのがよく分かります。
これは風邪の引き始め!!要注意サイン。
電車の中を見渡せば、マスクをしている人がとっても多い。
インフルエンザも流行っているので、本当に気をつけなければ★

今日は葛湯にショウガ&ハチミツレモンを入れてガブガブ飲みました。
とても甘いけど体が芯から温まります。
軽く喉が痛むので、ネギをまいて寝てみまることにします♪
薬草の自然療法の本に、ネギの白根を二つに割り火にあぶり、
しんなりしたものを喉に当てて包帯をすると良くなると書いてありました。

また、風邪や解熱には、シソ、くず、カリン、ユキノシタ、ビワ、クコ、
オオバコ、ショウガ、スギナ、セリ、ウド、フキ、キク、ニンニク、
ネギ、玉ねぎ、キャベツ、ダイコン、ごぼう、レンコンなどがいいそうです。

とにかく風邪には睡眠が一番。
ちょっとネギ臭いですが(苦笑)明日元気になっている事を祈って☆

とても面白い和のハーブの本があるので、また今度紹介したいと思います♪
[PR]
by lisa-blog | 2009-01-17 23:55 | ハーブ

メディカルハーブ

ヨガやアロマと出会ってから、内側のケアへの意識が高まり、
自然の恩恵や植物の持つエネルギーなどへの関心が深まりました。

ココロとカラダを作る素となる食事も、
季節を感じながら新鮮なものを頂く事で、
自然と体の中の季節のバランスを整えていたり、
その土地に伝わる郷土料理や、使われている食材、特に薬草などは
昔の人の智慧が詰まった自然療法であったりします。

そんな事を意識しながら、日々の生活にヨガとアロマとハーブを
取り入れていますが、もう一歩踏み込んで学んでみたくなりました。

昨年、日本メディカルハーブ協会認定メディカルハーブコーディネーター資格
を習得しましたが、今度はハーバルセラピストを目指すことに。
また新しい事を学べることに心がワクワクします♪

ヨガもアロマも、ハーブやアーユルベーダーなども実は全部繋がっていて
バランスを崩した心身を取り戻すための自然療法。
また、より良い状態を導く、予防医学の一つでもあります。

自然の力を借りながらバランスを整える、
西洋と東洋のいいところを取り入れながら、自分というもの見つめる。

年輪を重ねながらいつも内側から輝いていられるように、
Inner Beautyは尽きません。

いつも読んで下さっている方、共感して下さる方、
よかったら情報をシェアしあいましょう(^_-)

スタジオや、ブログなどでも気軽に声をかけて下さいね☆
[PR]
by lisa-blog | 2009-01-15 21:49 | ハーブ

簡単♪アロマオイルのブレンド法

アロマが好きで、アロマオイルは何種類か持っているけど
ブレンドの仕方がよく分からない??という質問をよく受けます。

ブレンドはとっても簡単です♪
香りは、自分の心地よいと思う香りを選ぶのが一番。
持っているアロマオイルのキャップ部分をいくつか組み合わせて、
自分好みの香りを見つけてみて下さい☆

と言っても、何だかよく分からないなぁ〜という時は、
アロマの本を参考に、自分の目的に合わせてブレンドするのもいいですね。
例えば、お休み前にアロマを焚くなら、
リラックス系のオイルを組み合わせたなど。

そしてもう一つ参考になるの、同じ香りのグループでの組み合わせる方法や、
相性がいいと言われる香りのグループの中から組み合わせる方法。

香りの種類は全部で7種類あります。
1、ハーブ系…ペパーミント、クラリセージ、ローズマリー、マジョラム
2、柑橘系…オレンジ、グレープフルーツ、ベルガモット、レモングラス
3、フローラル系…ラベンダー、ゼラニウム、ローズ、カモミール、ネロリ
4、オリエンタル系(エキゾチック系)…イランイラン、サンダルウッド
5、樹脂系…フランキンセンス、ベンゾイン(安息香)
6、スパイス系…シナモン、ジンジャー、ブラックペッパー
7、樹木系(ウッディ)…サイプレス、ジュニパー、ティートリー、ユーカリ

同じグループ同士なら、柑橘系でグレープフルーツとベルガモットという感じ。
また、この7種類の香りのそれぞれ隣同士のグループとの組み合わせは、
相性がいいとされています。

例えば、2柑橘系のオレンジと、3フローラル系のラベンダーでリラックス、
7樹木系のユーカリと1ハーブ系のペパーミントのブレンドは風邪や花粉対策。

ブレンドに迷ったら、参考にしてみて下さい。
風邪やインフルエンザが流行っているこの季節は、
抗菌、抗ウイルス作用のある柑橘系や樹木系のオイルなどオススメです。
[PR]
by lisa-blog | 2009-01-14 11:28 | アロマ

千葉の特産物”八街ピーナッツ”

千葉は海側の銚子港や房総半島では海産物やフルーツなどが有名ですが、
平野部の成田付近ではピーナッツが特産物としてお土産品でよく見かけます。

たかがピーナッツ、されどピーナッツ。
一般によく口にするピーナッツはほとんどが中国産なのですが、
千葉産のピーナッツは本当にウマい♪んです。

落花生のままの商品と、味付けしてあるものがありますが、
粒がしっかりしていて、味もコクがあるというか深みがあって
好みもありますが、そのまま食べるのがやっぱり一番美味しい(^_^)

そんな千葉産のビーナッツを使ったお菓子で可愛いものを発見!!
初詣の成田山土産に見つけたのですが、
何から何まで可愛くて、しかも美味しいので紹介しま〜す♪
e0130657_1641244.jpg
(落花生の形の箱に、落花生の最中くんが。)
e0130657_1652591.jpg
(餡の中にもちろんピーナッツ♪)
なごみの米屋さんの商品です。
https://www.nagomi-yoneya.co.jp/sweets/onlineshop/peanuts.html
[PR]
by lisa-blog | 2009-01-12 14:47 | プライベート

日本が誇る”和のハーブ”七草粥

少し日が過ぎてしまいましたが、
一月七日は七草粥の日として良く知られています。

お正月のおせち料理などのごちそうで疲れた胃腸をいたわるとともに、
一年の邪気を払い新年を無事迎えた喜びと感謝の儀式。
奥深い日本の伝統。

春の七草とはつまり薬草になるのですが、
はらべこ、ごぎょう、すずしろ、せり、すずな、なずな、ほとけのざ
の七種類が一般的です。
e0130657_282861.jpg

私はこの七種類を使って美味しい七草粥を作りました。

和のハーブが心身に染みるような
優しくて自然を感じられる七草粥を食べると胃がホッとします。

それもそのはず。
このハーブたちは、ビタミンやジアスターゼ(消化酵素)などを豊富に含み、
健胃、整腸作用など心と体に効く薬効があるからです。

七草について私も知らないことが多くて、調べてなるほどなと思いました。予備知識として参考にしてみてください☆

*せり(芹)…西洋ではフェンネル、ディルなどが同じ種類になるそう。食欲増進、解毒、利尿、発汗作用などがあり、冷えやむくみ、神経痛、風邪の初期症状にも適応されるようです。

*なずな(アブラナ科ナズナ 別名ペンペン草)…西洋でも東洋でメディカルハーブとして利用されていて、便秘、下痢などの胃腸野不調、目の充血、泌尿器科系の感染症、分娩、産後の出血などに適応されるそうです。

*はこべら→(ナデシコ科ハコベ 別名ヒヨコ草)…新年にいち早く地上に目を出した草には強い生命力があるという信仰から、邪気を払い新しい年の繁栄を願う意味があるそう。
止血、鎮痛、抗菌、解毒作用などがあるそうです。

*ごぎょう(御形)→(キク科母子草 ハハコグサ)…痰や咳、扁桃炎、むくみなどに適応され、
葉を煎じてうがい薬としても使われているようです。

*仏の座→(キク科タビラコ)…現在はコオニタビラコが使われている。胃潰瘍予防、血圧低下、鎮痛・解熱・解毒作用があるとされています。

*すずな(菘)→(アブラナ科カブ)…根アミノ酸、ブドウ糖、ペクチン、ビタミンC、葉ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB1、B2

*すずしろ(清白)→(アブラナ科ダイコン)…ジアスターゼ(消化酵素)が多く含まれ、ビタミンA.C、ミネラルも豊富。、新陳代謝を活発にさせ、血行を良くして、腸内を整え、喉の痛み痰の切れを良くしたり、高血圧、糖尿病の予防にもなるそう。万病に効くとも言われるそうです。
[PR]
by lisa-blog | 2009-01-11 15:32 | ハーブ

一月のオススメアロマ☆

<疲れた胃腸を元気に!アロマとハーブのデトックス>

年末年始で胃腸がお疲れぎみなこの時期は、
さわやかなフルーツの香りやすっきりしたハーブなど、
消化器系を整えたり、体の中の毒素を促す手助けをしてくれる
オイルやハーブがオススメ♪

柑橘系のオイルには、胃腸の消化機能を刺激する作用の他、
殺菌作用などもあり、風邪などの感染予防や、
空気清浄、ハウスキーピングなどにも役立ちます。

ハーブ系のオイルは清涼感あるハーブの香り。消化機能を整えたり、
利尿や発汗を促したりとハーブによって異なる特徴を持ちます。
フレッシュハーブはお料理などにも広く取り入れられています。

<オススメアロマオイル>
グレープフルーツ…リンパの流れを促したり、脂肪の燃焼に働きかけたりと、ダイエットやデトックスに有効な精油としても注目されています。

オレンジ…消化を促進させ、食欲を刺激。お腹の張りなどの不快感も解消されるため、胃もたれなどが原因の食欲不振に効果的とされています。

ペパーミント…健胃作用、胃のもたれやムカつきを解消する消化機能を整える代表選手。

レモングラス…健胃作用、消化促進、利尿作用など、ハーブティーとしても好まれます。

ローズマリー…新陳代謝を活発にさせたり、消化機能を整えたり、若返りのハーブとしての逸話も有名。

ジュニパー…  利尿作用により余分な水分排出、リンパの流れも促し老廃物も流す作用が期待できます。

フェンネル…  満足感を与える。食欲を抑え、利尿、発汗作用もあり、ダイエットの特効薬とも言われています。

その他レモン、ベルガモット、バジル、サイプレスなどもオススメ。

<オススメハーブティー>
ペパーミント、ジャーマンカモミール、フェンネル、バジル、レモングラスなど。

ぜひお試しください☆
[PR]
by lisa-blog | 2009-01-09 23:57 | アロマ

迎春 銀座アロマヨガスタジオ

2009年のアロマヨガレッスンが始まりました060.gif
1月の火曜日のアロマオイルはグレープフルーツです。
年末年始で胃腸がお疲れのこの時期には、
さわやかなフルーツの香りで胃もたれなどでの食欲不振を解消し、
消化を促進させてくれる柑橘系がオススメです。

また、柑橘系のオイルには、殺菌作用があり、
風邪などの感染予防や、空気清浄、ハウスキーピングなどにも活用出来ます。

他にもグレープフルーツは、リンパの流れを促したり、
脂肪の燃焼に働きかけたりかけたりとと、
ダイエットやデトックスに有効なオイルとしても注目されています。
[PR]
by lisa-blog | 2009-01-06 23:42 | アロマ

あけましておめでとうございます☆

平成21年の丑年スタートです♪
初詣、お雑煮、おせち料理、家族全員で過ごすせる貴重な元旦。
家族が健康であることに感謝し、みんなで食卓を囲める事の幸せを、
お正月料理とともに噛み締めながらの平和な時間。

離れて暮らす娘をいつも心配し、陰ながら支えてくれている家族という存在は
私にとってかけがえのないもの。

色々と厳しい時代だからこそ
家族や、仲間、大切な人たちとの繋がりの大切さをより実感でき、
どんな時も一人で生きている訳ではないことに、
また感謝の気持ちが生まれます。

自分はどんな役割を担って生きているのか、何ができるのか、
節目節目でいつも考えさせられますが、
やはり今年も私の精一杯で人と繋がっていく事なのかなぁと思っています。

外観や、商品をより良く美しく見せながら広告するモデルの世界と、
ヨガやアロマで自分の内側を見つめ磨く世界とでは、正反対にも見えますが、
私は全ての美しいものは内側にあると信じています。

2009年は、そんなInner Beauty の世界をさらに深めながら、
ヨガやアロマ、アジアンハーブなどを使って、
美容や健康のトータルコーディネートをしていきたいと思っています。

今年もよろしくお願いしますm(_ _)m
[PR]
by lisa-blog | 2009-01-01 23:50 | プライベート