Lisa's Inner Beauty Aroma Yoga

lisamakino.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ハーブ( 71 )

和ハーブを食べよう!花粉症とたたかうみなさんへ!

花粉症なんかに負けてたまるか~!!
花粉症とたたかっている方々、みんな仲間です。

つらいの、良く分かります007.gif

毎日の生活の中で、ちょっとでも症状が軽くなったり、
楽になれることがあるなら、わらにもすがりたい気分。
うんうん、そーですよね045.gif

ヨガ講師&ハーバルセラピストの私としては、できるだけ自然のもの、
ハーブやアロマでその症状が少しでも癒すことができればと、
マスクにユーカリをおすすめしたり、
アーユルヴェーダ的花粉症対策をレッスンなどで提案していますが、
私の長年のアレルギー体質もなかなか手強い感じで。

なので、ゆっくり時間をかけて免疫バランスを整え、
自然治癒力を高めたいと思っています。

日々の生活の中でできることは、
ヨガで免疫系・自律神経系・内分泌系のバランスを整える、
心身のバランスを整えること、
アロマやハーブでストレスをためない生活を心がけること。

そしてできるだけ規則正しい生活を心がけ、
バランスのいい食事を摂り、腸内環境を整えていきたいもの。

食生活では、発酵食品や食物繊維を積極的に採り、
糖質は控えめにすると049.gif

そしてハーブ。取り分け『和ハーブ』

花粉症対策に有効な和ハーブは『しそ』
アレルギー症状を緩和する効果が期待できます。

体を温める『生姜』・『長葱』・根菜類。

抗酸化作用により活性酸素を除去して自然治癒力を高める
からだをアルカリ性にする食品『春菊』『若芽』

先月『きれいになるハーブ教室』で作ったハーブビネガーもグット!

それと、粘膜保護や免疫アップには『納豆』や『味噌』

和の食材は最も私たちの体にあった自然治癒力を高める薬膳なのです。

バランスの良い昔ながらの日本の食事を心がけることが
一番の近道なのかも知れませんね。
和素材で提案するアーユルヴェーダ、より良く生きる日本の知恵☆

みなさん毎日忙しい日々ですが、一緒に頑張りましょう!!
e0130657_0323595.jpg



ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします⇒人気ブログランキングへ
[PR]
by lisa-blog | 2011-03-09 00:33 | ハーブ

4月のきれいになるハーブ教室のお知らせ☆

毎月戸越銀座商店街で『きれいになるハーブ教室』をおこなっています。

戸越銀座商店街にある、中沢歯科さん分院の『N歯科予防ルーム』では
歯の健康も、からだの健康も、美容も、アンチエイジングも
内側からのケアを大切に考えています。


予防や健康維持について、ハーブ教室などを通して、
内面の充実や感動や喜びを、五感を通して感じていただきながら、
楽しみながら体験し、学ぶことで体と心のバランスを内側から整えます。


誰でも参加できるので、ハーブやアロマ好きさんの交流の場にも。
美容や健康、アンチエイジングに興味のある方、

ぜひ遊びにいらしてください☆
e0130657_092824.jpg

3月12日(土)の『キレイニなるハーブ教室』では、
ハーブとアロマを使ってハーブソープを作ります。
ローズやカレンデュラ、ラベンダーなどのドライハーブを使って、
見た目も可愛らしい手作りソープ。

ハーブは飲むだけ・食べるだけではもったいない!
ハーブを自分の手で触れてみて、香りをかいでみたり、
色を確かめてみたり、安全で安心な生活に役立つ日用品としても
ハーブは大活躍します。

今回は簡単にできる手作りソープを作って、
自分の好きなハーブ、香り、色を使って
自分だけのオリジナルソープを作ります☆

『自分だけのオリジナルハーブソープ作り♪』

日時:4月9日(土) 
時間:11:00~12:30
場所:N歯科予防ルーム
参加費:2000円(材料費込)

お問い合わせはこちらまで。
一緒にハーブできれいになりましょう♪

N歯科予防センター電話番号:03-3783-1182

N歯科予防センター(戸越銀座商店街内、中沢歯科分院)
東京都品川区戸越2-6-5 小宮山ビル1F
http://www.nakazawa-shika.com/herbschool.html
ハーバルセラピスト Lisa

ブログランキングに参加しています。応援よろしくお願いします⇒人気ブログランキングへ
[PR]
by lisa-blog | 2011-03-08 00:32 | ハーブ

ホットワイン風アロマヨガ

雪が降るほど寒かった今日のアロマヨガは、
体を温めるスパイシーなアロマ001.gif

ドイツなどで風邪予防に飲まれる『グリューワイン』
ホットワインをイメージして、
クローブ、シナモン、オレンジのブレンド069.gif

クローブは歯医者さんのハーブとして有名ですが、
鎮痛・鎮静効果が優れていて、殺菌効果も期待でき、
歯痛・局部麻酔の目的で使用されるそうです。

歯痛・頭痛などのときにオレンジピールと一緒にハーブティーにして飲んだりします。

シナモンは、疲れた心身を温め、元気をチャージしてくれます。
オレンジは温かみのあるやさしくてフレッシュな香りが、
気持ちを明るく元気にさせてくれます058.gif

寒さに負けず、抵抗力をつけたいですね!

疲れを感じているときは、すっぱいものがおすすめ。
私はハイビスカスビネガーにはちみつを入れて、
お湯で割って飲むと元気が出ます063.gif

今週末に行うハーブ教室で作ります♪
興味がある方、良かったらこちらをご覧ください☆
e0130657_2344569.jpg

左から、ハイビスカスビネガー、タラゴンビネガー、Mixハーブビネガー

ブログランキングに参加しています。クリックお願いします⇒人気ブログランキングへ
[PR]
by lisa-blog | 2011-02-10 00:00 | ハーブ

花粉症対策・インフルエンザ対策におすすめハーブ

“エキナセア”というハーブを知っていますか?
古くから北米の先住民が伝染病や毒蛇にかまれた時などに
使われていたハーブ。
e0130657_032366.jpg

『免疫力を高めるハーブ』として親まれているハーブで、
感染症予防に、風邪やインフルエンザ予防に役立ちます。
また、抗菌力が高いので傷口の消毒に使ったり、
チンキ剤(アルコールに浸して有効成分を抽出する)をうすめて
うがい薬などにも使われています。

私は去年から飲み続けているのですが、
もしかして風邪かも…?という危機を、
寝込むほどの悪化はせず何とか過ごせてこれたのは
エキナセアパワーのおかげ?かも。
e0130657_0282455.gif

免疫力を上げ、抵抗力のある体質づくりにも有効なので
花粉症対策にも効果が出るといいなと思っていますが、
今日は目がかゆく鼻がむずむず、何度かくしゃみがでました。

花粉、飛び始めてますね!!!

花粉に負けずに春をHappyに過ごしたいですね♪

花粉症に役立つアロマオイルはこちら。
2/12(土)きれになるハーブ教室のご案内☆

ブログランキングに参加しています。クリックお願いします⇒人気ブログランキングへ

冬を乗り切る、私の元気の素&健康法!
[PR]
by lisa-blog | 2011-02-08 00:29 | ハーブ

冷え性のかたにおすすめ薬草入浴剤

愛用歴3年になる薬草入浴剤『伊吹春日乃湯』。
e0130657_2119892.jpg

もうこれなしでは冬は越せない!というくらい愛用しています。

岐阜県揖斐川町の春日モリモリ村の特産物。

天然和ハーブ100%なので、どこか懐かしいような和の香りと

天然素材ならではの自然な湯の色に

癒されること間違いなしです。

そしてこの入浴剤が凄いのは、とにかくめちゃくちゃ体が温まるのです。

主な成分は、ヨモギやドクダミ、トウキ、センキュウなど10種類の薬草から。

いろんな人に紹介してきましたが、

みなさん口をそろえて『温まった!!』と喜んでいただいています。

冷え性、疲労回復、肩こり、腰痛、神経痛、しもやけ、あかぎれ、

荒れ性、湿疹、産前産後の冷え性などにおすすめです。


春日モリモリ村特産品のe0130657_2118794.jpg
案内はこちらから
[PR]
by lisa-blog | 2011-01-28 00:01 | ハーブ

きれいになるハーブ教室

『美容と健康にハーブビネガーを♪』

日時:2月12日(土) 
時間:11:00~12:30
場所:N歯科予防ルーム
参加費:2000円(材料費別)

食卓に大活躍のハーブビネガーを作ります。
このハーブビネガーはお風呂に入れて入浴剤としても使用できるすぐれもの!

お問い合わせはこちらまで。
一緒にハーブできれいになりましょう♪

N歯科予防センター電話番号:03-3783-1182

N歯科予防センター(戸越銀座商店街内、中沢歯科分院)
東京都品川区戸越2-6-5 小宮山ビル1F
http://www.nakazawa-shika.com/herbschool.html
ハーバルセラピスト Lisa



ブログランキングに参加しています。クリックお願いします⇒人気ブログランキングへ
[PR]
by lisa-blog | 2011-01-25 00:32 | ハーブ

自宅でも簡単にできる≪ハンガリアン・ウォーター(チンキ剤)の作り方≫♪♪♪

≪ハンガリアン・ウォーター(チンキ剤)の作り方≫

材料
*ローズマリー10g
*ペパーミント10g
*ローズペタル(バラの花びらのハーブ)5g
*レモングラス5g
*ウォッカやホワイトリカーなどアルコール35度以上のスピリッツ300ml
*400mlくらいの保存容器(煮沸済み)

*保存を長期安全に行うために、
水分(精製水やフローラルウォータ)は入れていません。
e0130657_235049100.jpg

<作り方>

1、上記のハーブを保存容器に入れます。

2、ハーブがひたひたに浸かるように良く振ってアルコールとなじませます。
(注意:空気とハーブが触れる部分が大きいとカビの元になります。)

3、約1ヶ月冷暗所に保存します。時々ビンを振って中身を混ぜてください。

4、できあがったら、茶漉しや、コーヒーフィルターを使ってハーブを濾します。

5、抽出液(チンキ)を、フローラルウォーターや精製水で15倍~20倍に薄めて
ハンガリアン・ウォーターの出来上がりです。

6、日付ラベルを貼りましょう。
抽出液(チンキ)は冷暗所で保存して1年以上持ちます。

この作ったハンガリアン・ウォーター(チンキ剤)を薄めて化粧水を作ります。
(注意:薄めずに使う皮膚刺激がありますので、原液のまま使用しないように!)
e0130657_23504966.jpg

ハンガリアン・ウォーターは、レモンピールやオレンジピールを
入れるレシピもありますが、化粧水として使用する場合、
皮膚刺激や、紫外線に当たるとシミなどの原因にもなるのになる心配
(光毒性)があるので、今回はレモングラスを使用しています。

化粧水を作る時はチンキ剤0.5%を目安に薄めて作ります。
(100mlボトルで、チンキ剤5ml+フローラルウォーター95ml)
Point:化粧水の保湿力を高めたい時は、グリセリンを使用するのもお勧めです。
グリセリンは水に溶ける植物性の油脂ですが、分量はお好みで、
今回はチンキ剤と同量で作りました。

(注意:作ったハンガリーウォーター(化粧水)は冷暗所で保管し、
2~3週間で使い切りましょう。)

肌質には個人差があるので、すべての人に万能というわけではありません。
自己の責任のもと、使用するときは、まずパッチテストをおすすめします。
違和感を感じたら、使用を中止してください。


このような、楽しくキレイになるハーブ教室☆を、
毎月一回第二土曜日に行っています。

次回は2月12日(土)11:00~12:30
食卓に大活躍のハーブビネガーを作ります。
このハーブビネガーはお風呂に入れて入浴剤としても使用できるすぐれもの!

お問い合わせはこちらまで。
一緒にハーブできれいになりましょう♪

N歯科予防センター電話番号:03-3783-1182

N歯科予防センター(戸越銀座商店街内、中沢歯科分院)
東京都品川区戸越2-6-5 小宮山ビル1F
http://www.nakazawa-shika.com/herbschool.html

ハーバルセラピスト Lisa
[PR]
by lisa-blog | 2011-01-16 23:54 | ハーブ

若返りのハーブ水≪ハンガリアン・ウォーター≫作り

2011年今年最初の『きれいになるハーブ教室』では、
ローズマリーを使って作る若返りの水、
≪ハンガリアン・ウォーター≫作りを行いました☆
e0130657_23504941.jpg

若返りの妙薬と古くから有名なハンガリアン・ウォーターは
中世ヨーロッパのハンガリー王妃エリザベートが愛した媚薬。
70歳を過ぎ体調を崩した時に、イタリアの修道院で作られたそのハーブ水で
元気と若々しさを取り戻したのだそうです。

さらに、70歳を過ぎていた王妃が
隣国ポーランドの若い王子にプロポーズされたのだとか。

これらのことから、このハーブ水は『若返りの水』と呼ばれ、
ハンガリー王妃の水(ハンガリアン・ウォーター)”と名づけられました。


さて、この若返りのハーブ水、どんなものか気になりますよね?

この≪ハンガリアン・ウォーター≫の正体は
アンチエイジングに有効な“ローズマリー”が主成分です。

「海のしずく」を意味するローズマリーは、愛や貞節の象徴とされています。

消臭効果や抗菌作用、抗酸化作用があり、炎症抑制効果、血行改善効果があり、
外用によりリューマチなどの関節炎、内用では消化不良に対して使用されます。
育毛効果や記憶力を改善する作用が期待できるほか、
花粉症の症状を和らげる作用があることが知られています。

では、その作り方は次回のブログでお楽しみに!

ハーバルセラピスト  Lisa
[PR]
by lisa-blog | 2011-01-15 23:39 | ハーブ

満員御礼m(_ _)m和ハーブ教室

12月11日(土)は今年最後のハーブ教室でした。
今回は体を温める『和ハーブ』を紹介しながら、
和のハーブを使った入浴剤を作りました。

和のハーブってどんなもの?
ハーブというと、バジルやローズマリーなど西洋のイメージですが、
日本のハーブは、昔からずっと私たちの身近にあるもの。

毎日の食卓で、ハーブと知らず食べているものもたくさんあります。
たとえば薬味。ネギ、シソ、ミョウガ、サンショウ、ワサビ、ショウガなど。

お正月に食べる七草がゆに入れるセリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、
ナズナ、ホトケノザ、スズナ、スズシロも立派な和ハーブ。

今のように医療がまだ発達していなくて、薬がなかったころは、
自然の力・植物の力で心身を癒してきました。

ドクダミ・ゲンノショウコ・ヨモギ・トウキなどは、
昔から民間薬として親しまれてきた日本の伝統和ハーブです。

今回のハーブ教室では、店頭で手に入れることができる
体を温めるハーブ和ハーブを10種類ほどミックスして
オリジナル和ハーブ入浴剤を作りました。

使ったのは、ヨモギ、ドクダミ、カキの葉、ビワの葉、スギナ、
クロモジ、キハダ、柚子の実、紅花、桂皮、ミカンの皮など。

これらのドライハーブをたっぷりと一握り分(30g)ほど、
布袋に詰めれば出来上がり。
和ハーブ入浴剤の香りは、どこか懐かしいような田舎の香り。
その自然の香りと、和ハーブ湯の温もりに包まれ、
体の芯からポカポカに温まります。

今回は戸越銀座商店街にある、沖縄料理屋『かじゅまる』さん
協力のもと、沖縄からフレッシュヨモギも取り寄せることができたので
生ヨモギの爽やかな香りや味を楽しむことできました。

生ヨモギはスーパーなどでなかなか売っていませんが、
ちょっと自然のある場所へ行くと、日本中どこでも見かける和ハーブです。
旬は春先になりますが、たくさん見つけたら両手いっぱいに摘んで、
刻んで鍋で煮だして、濾したものをお風呂に入れて楽しんでみてください。

沖縄料理の『かじゅまる』さんに“ボロボロジューシー(雑炊)”という
ヨモギ(フーチバー)をいっぱい使った沖縄伝統料理があります。
ヨモギパワーで体がとっても温まって美味しく元気になります。
寒いこの季節、風邪気味な時などにパワーをつけたい時にもおすすめ!

フレッシュヨモギが手に入ったら、雑炊に入れたり、
お鍋に入れてみるのもいいですね☆

今年もあと20日足らず。
和ハーブ湯で体を温めて、元気に新年を迎えましょう!!
[PR]
by lisa-blog | 2010-12-12 23:34 | ハーブ

和ハーブ湯のすすめ ヨガジャーナルVol.14

yoga jounalヨガジャーナル日本版vol.14(11/28発売)で、
私がお勧めする『和ハーブ湯』の取材ページが掲載されています。

寒くなってきたこのこの季節、お風呂で体を温めるのは日本の文化ですが、
そのお風呂にひと手間加えると、さらに体の芯からポカポカになります。

それが『和ハーブ湯』
最も私たちの身近にある、植物の恵みを使った天然入浴剤です。

子供のころは、野山や空き地で、よもぎやつくし、タンポポ、どくだみなど
良く見かけてものでした。

これらの植物たちがハーブであるなんて知りもしませんでしたが、
植物の持つ様々な成分が、私たち人間の心と体に癒しを与え、
温もりを与えてくれるのです。

今回はからだを温めてくれる『和ハーブ』を紹介しました。
お茶として飲んでも美味しくいただける和ハーブですが、
たまにはお風呂でその自然の恵みを味わってみませんか?
『和ハーブ』は自然食品を扱うお店や薬局で購入できます。

ヨガジャーナル日本版は、グローバルなヨガ情報が満載です。
今回のテーマは『女性のトラブルの解消法』。
体を温めることは、トラブル解消に一番の自然療法。
和ハーブ湯について、詳しくはヨガジャーナルvol.14(p.54)を
ぜひご覧ください☆

e0130657_1115640.jpg
e0130657_1121749.jpg

[PR]
by lisa-blog | 2010-11-29 00:50 | ハーブ