Lisa's Inner Beauty Aroma Yoga

lisamakino.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:コーディネートホルモン( 5 )

女性の強い見方☆クラリセージ

e0130657_17453730.jpg

最近、コーディネートホルモンのクラスで紹介していて、

生徒さんからよく『何という名前のアロマでしたっけ?』とレッスン後に聞かれるのが

『クラリセージ』というアロマオイル。


クラリセージの持つ植物成分には、フィトエストロゲンというホルモン調整に役立つ成分が含まれているため、

女性の強い見方と言われています。


デリケートな女性の心身のバランスを整えてくれる、

私にとってお守りのようなアロマ。


生理痛や生理前症候群(PMS)、更年期障害や不妊の悩みなど、

女性特有の悩みの緩和に役立つほか、

疲れてクタクタなのにぐっすり眠れない時、

不安や心配があって緊張しているとき、

気持ちが高ぶってイライラしているとき、

私はクラリセージをティッシュに1〜2滴たらして

枕元に置いて休みます。

私にとって安眠とリラックスを導くベストパートナー的存在(笑)

何人かの生徒さんは早速使ってみてリラックスを実感したとご報告いただきました。

共感していただけて嬉しいです。

植物の持つ香り成分って、本当にスゴいですよね!

ぜひ毎日の生活に天然の香りをお役立てください♪
[PR]
by lisa-blog | 2011-08-02 17:45 | コーディネートホルモン

コーディネートホルモン おすすめアロマ&ハーブ

今日のコーデシネートホルモンのクラスでは、

嗅覚を刺激しながら、ホルモンに働きかけると、言われている

『クラリセージ』と『ゼラニウム』の香りを楽しみながら行いました。


ストレスによるものや、年齢的な変化など、

働く女性が多い現代の日本の社会では

女性ホルモンのバランスを崩しやすく、

悩みかかえる女性が増えています。


心と深くかかわり合う『自律神経系』と、ホルモンの『内分泌系』、

そして自然治癒力などと関係する『免疫系』

これら3つは身体の中でお互いが影響を及ぼしあいながら

バランスを保とうとがんばっています。

この3つのネットワークは、ストレスが大の苦手!!


そう、ストレスが原因でホルモンのバランスが崩れることが多いのです。

繊細な女性の心身のバランスを整えるのには

ヨガの呼吸法と、骨盤周辺をほぐして暖めるヨガのポーズ

そしてくつろぎタイムにアロマやハーブがとても有効です。


アロマなら、クラリセージやゼラニウム、ローマンカモミールなどがおすすめ。

クラリセージはホルモンバランスを整えることで有名で、女性のさまざまな悩みに

一本持っていると頼もしい精油です。

私は疲れてくたくたなのに、気持ちが高ぶっていて眠れないときや、

生理前に使っています。


ゼラニウムは、心身のバランスを整えるのに役立つ精油として知られていますが、

ホルモンや皮脂分泌を整えたいとき、心のバランスを整えたいときに

やさしいフローラル調の香りが役立ちます。

ローマンカモミールは緊張を和らげてくれるお母さんのようなやさしい存在。

痛みを和らげたいとき、リラックスしたいときにおすすめです。


一日の終わりのくつろぎの時間や仕事の合間のリフレッシュタイムに

ぜひアロマをお役立て下さい☆
[PR]
by lisa-blog | 2011-07-25 19:08 | コーディネートホルモン

コーディネートホルモン

女性ホルモンのバランスを整えるのに役立つ植物ホルモン

=『フィトエストロゲン』を有効活用するには、

チェストベリー…月経過多などに

レッドクローバー…体質改善などに

ホップ…鎮静・不眠などに

プラックコホシュ…更年期障害などに

ダイズ…女性の悩みに

良いと言われています。


アロマオイルでは、

クラリセージ・ゼラニウム・ローズなどがオススメ。

今日はヨガスタジオグロウ二子玉川店で『コーディネートホルモン』クラスです。
[PR]
by lisa-blog | 2011-07-12 11:30 | コーディネートホルモン

New クラス "コーディネートホルモン"

7月から新しいクラス『コーディネートホルモン』がスタートしました♪

ヨガスタジオグロウ自由が丘店で毎週月曜日16:00~17:15

ヨガスタジオグロウ二子玉川店で毎週火曜日11:45~12:30

ホルモンのバランスを整えるレッスンです。


初回の今日は、女性ホルモンのバランスを整えるプログラムで。

生理不順や生理前症候群、更年期障害など、

そんな女性特有の悩みを解消にお役に立てれば嬉しい限りです。



ホルモンバランスを整えるためには、

食事・運動・休息3つの生活バランスを整えることから。


バランスのいい食事に大豆食品を取り入れたり

運動には深い呼吸で自律神経を整え、心身のバランスを整えるヨガを。

休息にはアロマやハーブでリラックスタイムを。


骨盤周辺をほぐすポーズを中心に行いながら、

骨盤周辺の血行を良くして体を温め、

免疫系やホルモン系に働きかけていきます。


女性ホルモンは30代をピークにエストロゲンという物質が減少していきます。

ホルモンの分泌は、脳で視床下部というところから指令が出て、

下垂体へ、そして必要な場所にホルモン物質が血液に放出され届けられます。

この仕組みは自律神経によってコントロールされています。


自律神経は心や感情に影響を及ぼすので、

ヨガで深い呼吸を行うことも、

リラックスにアロマやハーブを役立てることも、

ホルモンバランスを整えることにつながるのです。


ホルモンは女性ホルモンだけでなく色々あるので、

女性だけでなく男性のご参加ももちろんokです。

股関節を柔らかくしたい方や、骨盤のゆがみを整えたい方にもお勧めです。

男性のご参加も可能です。


7月からの新しいクラス『コーディネートホルモン』

毎回おすすめアロマやハーブも紹介していきます♪

ぜひ体験しにきてくださいね☆
[PR]
by lisa-blog | 2011-07-04 23:52 | コーディネートホルモン

ホルモンバランスを整えるアロマとハーブ

最近、ホルモンバランスの崩れを悩んでいる方が多いようです。
20代後半から30代・40代女性は、何らかの変化を感じる時期。

女性の体内で一生で作られる女性ホルモン量は、
スプーン1杯程度と言われています。
ホルモンの分泌量は20代半ばから30代をピークに少しづつ減少していきます。

女性ホルモンのひとつ、エストロゲン(卵胞ホルモン)は
女性らしい美しい体の曲線を作る女性ホルモンで、
皮膚の水分量を増やして弾力性のある美しい肌
つやとハリのある肌を作る働きもあります。

エストロゲンの減少により、更年期障害や、骨粗鬆症などの症状の増加、
また、エストロゲンの過剰は子宮内膜症や、乳がん、子宮がん
などのリスクを高めます。

女性ホルモンの分泌は、脳の視床下部から下垂体へ、そして卵巣へ、
という流れでコントロールされて、
この流れは自律神経によって調整されています。

自律神経は、ストレス、睡眠不足、不規則な生活、
運動不足、肥満、急激なダイエットなどによってバランスを崩し、
それによってホルモン分泌量のバランスも崩れてしまします。

では、どのようにして女性ホルモンのバランスを整えたらいいのでしょうか?

私たちが、日常生活でできることは、規則正しい生活を送り、
バランスの良い食事を心がけ、適度な運動を行うこと。

でも、これができないからホルモンバランスが崩れ悩むのです…よね。
ならば、できることを取りれてみましょう!!

体内でエストロゲンなどの女性ホルモンと似た働きする
「植物エストロゲン」を含む食品やハーブなどがあります。
大豆のイソフラボンはとても有名ですが、
豆腐、納豆、きな粉、豆乳などでわりと手軽に補えますね☆

植物エストロゲンハーブなら、
・チェストベリー(月経過多などに)
・レッドクローバー(体質改善などに)
・ホップ(鎮静作用)
・ブラックコホシュ(アメリカなどでサプリとして)

また、ヨガの深い呼吸でリラックスしながら自律神経を整えることや、
アロマの香りで脳に刺激を与え、
リラックスやリフレッシュに役立てることや、
五感を刺激したり、心地よさや喜びを高めることも
自律神経の調整に繋がり、ホルモンバランスを整えることになります。

アロマオイルなら
・クラリセージ
・ゼラニウム
・ローズ
・ネロリ
・ローマンカモミールなど

香りはダイレクトに脳に刺激を与え、心に影響を与えます。
自分の好きな、リラックスできる香りを楽しみながら
一日の疲れを癒し、心身のバランス・ホルモンバランスを整えたいですね☆

今日は長くなりましたm(_ _)m
e0130657_0122832.jpg

[PR]
by lisa-blog | 2011-02-17 00:06 | コーディネートホルモン