Lisa's Inner Beauty Aroma Yoga

lisamakino.exblog.jp
ブログトップ

日本が誇る”和のハーブ”七草粥

少し日が過ぎてしまいましたが、
一月七日は七草粥の日として良く知られています。

お正月のおせち料理などのごちそうで疲れた胃腸をいたわるとともに、
一年の邪気を払い新年を無事迎えた喜びと感謝の儀式。
奥深い日本の伝統。

春の七草とはつまり薬草になるのですが、
はらべこ、ごぎょう、すずしろ、せり、すずな、なずな、ほとけのざ
の七種類が一般的です。
e0130657_282861.jpg

私はこの七種類を使って美味しい七草粥を作りました。

和のハーブが心身に染みるような
優しくて自然を感じられる七草粥を食べると胃がホッとします。

それもそのはず。
このハーブたちは、ビタミンやジアスターゼ(消化酵素)などを豊富に含み、
健胃、整腸作用など心と体に効く薬効があるからです。

七草について私も知らないことが多くて、調べてなるほどなと思いました。予備知識として参考にしてみてください☆

*せり(芹)…西洋ではフェンネル、ディルなどが同じ種類になるそう。食欲増進、解毒、利尿、発汗作用などがあり、冷えやむくみ、神経痛、風邪の初期症状にも適応されるようです。

*なずな(アブラナ科ナズナ 別名ペンペン草)…西洋でも東洋でメディカルハーブとして利用されていて、便秘、下痢などの胃腸野不調、目の充血、泌尿器科系の感染症、分娩、産後の出血などに適応されるそうです。

*はこべら→(ナデシコ科ハコベ 別名ヒヨコ草)…新年にいち早く地上に目を出した草には強い生命力があるという信仰から、邪気を払い新しい年の繁栄を願う意味があるそう。
止血、鎮痛、抗菌、解毒作用などがあるそうです。

*ごぎょう(御形)→(キク科母子草 ハハコグサ)…痰や咳、扁桃炎、むくみなどに適応され、
葉を煎じてうがい薬としても使われているようです。

*仏の座→(キク科タビラコ)…現在はコオニタビラコが使われている。胃潰瘍予防、血圧低下、鎮痛・解熱・解毒作用があるとされています。

*すずな(菘)→(アブラナ科カブ)…根アミノ酸、ブドウ糖、ペクチン、ビタミンC、葉ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB1、B2

*すずしろ(清白)→(アブラナ科ダイコン)…ジアスターゼ(消化酵素)が多く含まれ、ビタミンA.C、ミネラルも豊富。、新陳代謝を活発にさせ、血行を良くして、腸内を整え、喉の痛み痰の切れを良くしたり、高血圧、糖尿病の予防にもなるそう。万病に効くとも言われるそうです。
[PR]
by lisa-blog | 2009-01-11 15:32 | ハーブ