Lisa's Inner Beauty Aroma Yoga

lisamakino.exblog.jp
ブログトップ

Nepalese Yoga (ネパールのヨガ)

また、久しぶりの更新になってしまいました。
いつも見に来て下さっている方、本当にすみません!!

今週は”ヨガスタジオグロウ”のスタッフブログの担当の週。
ネパリヨガについて書きました。

このブログでは、何度かネパールヨガについて紹介していますが、
初めてまだ2ヶ月のクラスなので、ここでもう一度ご紹介したいと思います♪


9月からヨガスタジオグロウ自由が丘、土曜日の最後のクラスで
《ネパリヨガ》が始まりました。

《ネパリヨガNepalese Yoga》というのは“ネパールのヨガ”
という意味です。

ヨガジャーナル日本版第三号(11月28日発売)で
ネパール産ハーブ・アロマを使ったネパリヨガ、
アロマヨガの取材ページが紹介されます。
(私のインタビュー記事が載るので良かったら見てくださいね。)

ところで、このネパリヨガは印刷の関係で、<パ>が<バ>にも見え、
“ねばりヨガ”って何ですかという質問も多く寄せられました。
“ネパリ”が“ねばり(粘り)”と捉えられるとは予想してませんでしたが
(苦笑)確かに解かりにくいですね!!

もしも“粘りヨガ”だったら、うーんかなりしんどそう〜…
安心してください!一つのポーズをずーっとキープするわけではありません。


繰り返しますが、<ネパリヨガ Nepalese Yoga>は
ネパールのヨガという意味です。
今年、ネパールへ行き学んできたネパールヨガの素晴らしさを
皆さんと分かち合いたくて、このクラスを作りました。
e0130657_2304033.jpg

仏教の開祖であり、ヨガの最高の達人 “釈迦”の生誕地でもあるのがネパール。
そして“ヨガの神様”として知られる、ヒンドゥー教の最高神“シヴァ”が
その棲家としたのも、ネパールのヒマラヤの山々です。

このような事から、インドを中心として多くいたヨガ修行者達は、
皆、悟りを開くためにヒマラヤを目指しました。

ネパールは、正に“ヨガの源流の地”であり、
同時に最終目的地でもあるのです。

ネパリヨガの特徴は呼吸法(プラーナヤーマ)を重視することです。
呼吸を繰り返し、酸素やプラーナ(エネルギー)取り入れる事で、
自分という存在の外にある、自然界との繋がりを感じていきます。

深い呼吸は、解剖学的には呼吸筋、腹筋群を中心としたコアマッスルを鍛え、
また生理学的に酸素交換を活発にして代謝が上げることで、
余分な脂肪を燃焼し、凝りや冷え性を改善します。
その他、自律神経系、内分泌系、免疫系などに働きかけ、
カラダとココロの両面において、内側からきれいにしていきます。

ネパリヨガでは、ネパール特産のネパールハーブ・アロマを活用します。
ネパールは、ヒマラヤ山脈を含め、全土に渡るその標高の高低の差から、
世界で最も多くの種類のハーブが取れるとも言われる薬草天国。
e0130657_23103455.jpg

ネパールの大自然の中で育つ野生のハーブは、とても力強く奥深い香りと共に、
私達が自然の恩恵を受けて生きている事を思い起こさせてくれます。

古くからヨギー達は、この豊かな薬草たちと共に、
雄大な自然の中でヨガを究めたのです。

そんなネパールハーブ・アロマから、
ヒマラヤ山脈からの大地のエネルギーを感じ、
深い呼吸とともに、カラダとココロと大自然との繋がりを感じていくクラス。

ゆっくりと自分の中を見つめながらのリラックスヨガ。

本邦初公開のネパリヨガ。
ネパール産のヒマラヤンハーブアロマの香りと共に、
ぜひ体験しにいらしてください。
[PR]
by lisa-blog | 2008-10-27 22:56 | ヨガ