Lisa's Inner Beauty Aroma Yoga

lisamakino.exblog.jp
ブログトップ

アーユルヴェーデックヨガ より良く生きるための智慧☆

アーユルヴェーダの人生における4つの目的という定義があります。

1つ目ダーマ…社会において義務・役割を果たすこと
2つ目アルタ…義務を果たして報酬を得て蓄えること
3つ目カーマ…財産の助けにより正当な欲を成就すること
4つ目モークシャ…人生には義務・財産・欲望以上のものがあると気づくこと

今、日本再建に向けて、みんなが同じ気持ちで
同じ方向を向いて頑張ろうとしている。
どこか閉塞感を感じていた日本人が大きく一つに繋がり、
今までの当り前だと思っていた価値観が変わりはじめている。

4つ目のモークシャを、みんながそれぞれ感じているんじゃないかなぁと思うのです。

幸せを外に求めるのではなく、自分の内側に見出すことができば、
幸福感や充足感、ありがたいという感謝の気持ちが増え、
心が豊かになり、自分を愛せて人をもっと愛せて、
人をより深く想いやることができるのではないかなぁと。


一昨年の春にネパールに行きましたが、
そのころは一日17時間停電(一日5時間のみ通電)していました。
e0130657_0242160.jpg

その前の年の夏に川が氾濫して水力発電所が機能しなくなってしまったのだそう。
それでも、みんな普通に暮らしていました。
子供たちはみんな目がきらきらしていて、元気いっぱいでした。

ネパールは日本とはまるで違う生活様式でしたが、
日本の戦前のようなどこか懐かしい雰囲気を感じたのが印象的でした。

電気がなくても、物資が豊富でなくても、利便が良くなくても、
人々はとても明るくて元気で、そしてとても幸せそうでした。
e0130657_0255241.jpg

通訳兼コーディネーターさんは、日本事情に詳しい方でしたが、
先進国である日本よりネパールの方が幸せだと言っていたことに、
とても考えさせられました。

ブータンは世界一国民の幸福度が高いと言われていますが、
それと同じようにネパール国民は国を愛し、国民を愛し、
幸福感・充足感が高いのだと思います。
e0130657_0265223.jpg

どんなに技術が優れ、便利で豊かであっても、
国民の一人ひとりが幸せだと感じられなければ
本当の豊かさとは言えないですね。

これからの日本は、国民一人ひとりが、もっともっと
幸福度を高めていけるはず。

動き出しています。
より良く生きるために。

よりハッピーに過ごしていくために☆
[PR]
by lisa-blog | 2011-03-25 23:59 | アーユルヴェーダ