Lisa's Inner Beauty Aroma Yoga

lisamakino.exblog.jp
ブログトップ

自宅でも簡単にできる≪ハンガリアン・ウォーター(チンキ剤)の作り方≫♪♪♪

≪ハンガリアン・ウォーター(チンキ剤)の作り方≫

材料
*ローズマリー10g
*ペパーミント10g
*ローズペタル(バラの花びらのハーブ)5g
*レモングラス5g
*ウォッカやホワイトリカーなどアルコール35度以上のスピリッツ300ml
*400mlくらいの保存容器(煮沸済み)

*保存を長期安全に行うために、
水分(精製水やフローラルウォータ)は入れていません。
e0130657_235049100.jpg

<作り方>

1、上記のハーブを保存容器に入れます。

2、ハーブがひたひたに浸かるように良く振ってアルコールとなじませます。
(注意:空気とハーブが触れる部分が大きいとカビの元になります。)

3、約1ヶ月冷暗所に保存します。時々ビンを振って中身を混ぜてください。

4、できあがったら、茶漉しや、コーヒーフィルターを使ってハーブを濾します。

5、抽出液(チンキ)を、フローラルウォーターや精製水で15倍~20倍に薄めて
ハンガリアン・ウォーターの出来上がりです。

6、日付ラベルを貼りましょう。
抽出液(チンキ)は冷暗所で保存して1年以上持ちます。

この作ったハンガリアン・ウォーター(チンキ剤)を薄めて化粧水を作ります。
(注意:薄めずに使う皮膚刺激がありますので、原液のまま使用しないように!)
e0130657_23504966.jpg

ハンガリアン・ウォーターは、レモンピールやオレンジピールを
入れるレシピもありますが、化粧水として使用する場合、
皮膚刺激や、紫外線に当たるとシミなどの原因にもなるのになる心配
(光毒性)があるので、今回はレモングラスを使用しています。

化粧水を作る時はチンキ剤0.5%を目安に薄めて作ります。
(100mlボトルで、チンキ剤5ml+フローラルウォーター95ml)
Point:化粧水の保湿力を高めたい時は、グリセリンを使用するのもお勧めです。
グリセリンは水に溶ける植物性の油脂ですが、分量はお好みで、
今回はチンキ剤と同量で作りました。

(注意:作ったハンガリーウォーター(化粧水)は冷暗所で保管し、
2~3週間で使い切りましょう。)

肌質には個人差があるので、すべての人に万能というわけではありません。
自己の責任のもと、使用するときは、まずパッチテストをおすすめします。
違和感を感じたら、使用を中止してください。


このような、楽しくキレイになるハーブ教室☆を、
毎月一回第二土曜日に行っています。

次回は2月12日(土)11:00~12:30
食卓に大活躍のハーブビネガーを作ります。
このハーブビネガーはお風呂に入れて入浴剤としても使用できるすぐれもの!

お問い合わせはこちらまで。
一緒にハーブできれいになりましょう♪

N歯科予防センター電話番号:03-3783-1182

N歯科予防センター(戸越銀座商店街内、中沢歯科分院)
東京都品川区戸越2-6-5 小宮山ビル1F
http://www.nakazawa-shika.com/herbschool.html

ハーバルセラピスト Lisa
[PR]
by lisa-blog | 2011-01-16 23:54 | ハーブ