Lisa's Inner Beauty Aroma Yoga

lisamakino.exblog.jp
ブログトップ

アーユルヴェーデックヨガ <ヴァータのバランス>

10月になりました。今年も残すところ3ヶ月。早いですね。
秋雨が降って、風がだいぶ肌寒くなってきました。
夏のピッタの季節から、ヴァータの季節へと移り始める時期です。

風が冷たく、空気が乾燥する秋から冬にかけて、ヴァータが増えてきます。
腰痛や、乾燥性皮膚炎、手足が冷たくなり、
循環器障害など起こしやすい時期でもあります。
ヴァータ体質の方は、特にバランスを崩さないように気をつけたいものですね。

ヴァータは空と、風のエネルギー。
冷たくて、軽くて、乾燥していて動きがあるという特徴を持つので、
それとは反対の性質のものを取り入れながら、バランスを保つのが有効です。
心と体を温め、潤いを保ちながら、
心を落ち着かせる規則正しいライフスタイルを心がけたいところ。

今日は、ライフスタイルの中で簡単にできる、
ヴァータをバランスさせる過ごし方を紹介します♪

1、心身の休息を充分にとり、規則的な(睡眠、食事)を心がける。
2、香りや音楽でリラックスさせる。(リラックスの香り、ゆったり系の音楽)
3、くよくよと沈みがちな心を、楽しいことで和らげる工夫をする。
4、食事は温かいもや、油をある程度含んでいる消化のいいものをとる。
5、入浴で芯から体を温める。(温泉、薬草湯、入浴剤なども有効)
6、雨風で体を冷やしたり、風が当たらないように注意する。
7、適度な運動を心がける。特にヨガは最適です。
8、マッサージ、特にごま油のオイルトリートメントなどで、
潤いと触覚の楽しみを味わう。

<ヴァータをバランスする食事>
甘み、酸味、塩見の食物ある食品。
重く、温かく、油気、湿り気のある食品。
牛乳、チーズ、ヨーグルト、肉類、ゴマ製品。
ナッツ類、適度なスパイス、バター、大豆、豆腐製品。
全ての油(特にごま油)白糖をのぞく全ての甘味。
良く熟して果実が多いもの。
水、お茶、ハーブティー、フルーツジュース。
食事はゆっくり食べる。

<控えた方がいい食べ物>
生の食物。生野菜、冷たい食物、乾燥した食物、ドライフルーツ。
辛み、苦味の強い食品。食べ過ぎに注意する。

睡眠は質のいい睡眠をとるために、
夜のカパの時間(18:00~22:00)をできるだけリラッスクさせてあげましょう。
夜のカパの時間の過ごし方についてはこちらをご覧下さい。
http://lisamakino.exblog.jp/11158847/
e0130657_17222836.jpg

(写真は秋の気配漂う、奥日光、戦場ヶ原)
[PR]
by lisa-blog | 2009-10-02 09:27 | アーユルヴェーダ